多汗症の治療でも使っている塩化アルミニウム

脇汗との戦いが始まったあの頃

他の人よりも脇汗が大量だと自覚したのは高校生になった頃。部活を辞めて汗をかかなくなったせいか、急に脇の下にだけ汗が吹き出てくるようになった。それも夏だけではなく1年中。ここに辿り着いた人ならその苦しみを理解出来ますよね?!暑くもないのになぜか脇汗だけが脇腹を流れるぐらい溢れてくる悲しさ・・・何の躊躇もなく腕を上げたりバンザイする人を見て、それほど羨ましく思ったことか。そんな私に一筋の光が・・・それがボトックス注射だったわけです。さっそくネットで調べましたが、料金を見て唖然としました。『たっ・・・たかい・・・(T_T)』

 

脇汗がすごい

有名な美容クリニックを片っ端から調べた結果が以下の通りです。少しぐらいの変動はあるかもしれませんがご了承下さい。

Jクリニック→→両脇1回¥105,000

Tクリニック→→1回¥157,500

S美容外科→→1回¥80,000

多くのクリニックで2回目は半額になったりしていますが、やはりそれなりの料金になってます。でも中には超安いボトックスもありますよね。アメリカのアラガン社製ではなく中国製などのボトックスを使うと安くなるようです。


さて、こんな料金を出しても、効果が3〜6ヶ月しかもたない・・・なんて無理!安いクリニックでやったとしても年間15万以上じゃないですか。そんなの庶民の私には無理です。もっと安いボトックスは怖すぎるし。そこでどうにか他の手は無いかと調べまくりました。もちろん巷で効くと評判の制汗剤は試しました。でもあんなの全くの意味無し!数分でも汗が止まる気配すらなし。そんな私が辿り着いたのが五味クリニックの掲示板でした。そこで知ったのが多汗症の治療で使われている塩化アルミニウムの存在でした。主に手の平などに使うようですが、治療で使うのですから効果は期待出来ます。でもドラッグストアーなどで塩化アルミニウムなんて売ってないんです。

 

そんな時こそネットだろ!って事で調べてみて、やっと出会えたのがデトランスαというヨーロッパ製の塩化アルミニウムを含む制汗剤です。他にも同じ成分を含む汗止めはありましたが、初回だけ半額で購入できるキャンペーンをやっていたのでさっそく購入してました。しかもヨーロッパで爆発的に売れているらしく、今買わないと品切れになるらしいです。現に去年の夏は品切れで購入できなかった人が続出したとかネットに出ていました。

 

デトランスαの詳細
>>脇汗が止まった夢のような最強制汗剤デトランスαの詳細<<

約40%offの2,900円キャンペーンが終わってたらご免なさい(T_T)

 

デトランスαとは何か整理しておきます

 

脇汗を止めたくて日夜ネットで調べたデトランスαについて載せておきます。もちろん私の使用感も含まれます。

デトランスα

医療先進国デンマークが開発に協力した汗止め

日本国内で多汗症治療に使われる塩化アルミニウム

ワキガの臭いまで抑える効果が見込める

ボトックス注射とは比べ物にならないほど安い

治療で使われているだけあって安心

使用していく内に脇汗が出にくくなっていく

洗っても汗をかいても効果が変わらない

 

デメリット

塩化アルミニウムを皮膚が薄い箇所に塗ると痒みが発生するケースが多いようです。その痒みには個人差があり、痒くて使用を中止する人も中にはいます。ですが私は特に耐え切れないという痒みではありませんでした。痒みを止める裏技として、虫さされに効く痒み止めのムヒなどで解消されるようです。

 

ボトックスよりもまずは塩化アルミニウム

 

私自身がそうでした。ボトックス注射は非常に料金がかかるし、継続しないと効果が無くなります。今季は払えても、次回は払えないかもしれません。しかもボトックス注射には副作用が存在します。自由が丘クリニックでボトックスの失敗 副作用が丁寧に解説されています。脇の下への注射ではないのですが、知っておくべきだと思います。ネットやTVなどでは安全で気軽にできる注射だとばかりうたっていますので。

 

料金に関する悩みも、副作用に関する悩みも、塩化アルミニウムなら解説します。ですからまずデトランスαを試してみるべきです。それでもダメならボトックス注射を考える方が賢い選択だと思いますよ♪

 

デトランスαの使い方

 

お風呂に入って脇の下を綺麗に洗います

夜寝る前に塗るのが効果的だと思います。寝ている間に塩化アルミニウムが汗腺を塞いでいくからです。清潔にしておかないと効果が鈍くなるという報告もありますので、きちんと洗って清潔にしてから使用します。

 

少量を脇の下に付けて伸ばす

どのくらいの量をつければ良いのか分からないと思うでの、指先に少量つけて指で薄く塗り伸ばしていきます。デトランスαはロールオンタイプですが、ダイレクトに塗ると大量に塗ってしまう場合があります。まずは指先につけて使用すると、どのくらいで痒みが出るのか、どのくらいで汗が止まるのか、自分の適量を把握できるはずです。

 

塗り終わったらしっかりと乾燥させる

塗り終わってすぐにシャツなどを着てはいけません。脇の下をしっかりと乾燥させます。乾きにくいモノではありませんが、ドライヤーなどの冷風できっちりと乾燥させましょう。私は扇風機で乾燥させる事が多いです(笑)

 

朝になってシャワーを浴びても大丈夫

洗い落としても効果は無くなりません。ですから塗った翌日の朝にシャワーを浴びても全然OK。デオドラントスプレーなどをしても大丈夫です。ただし痒みが出る場合があるので、ゴシゴシ洗わない方が良いかもしれません。

 

汗の確認をして使うか判断する

私の場合は2日連続で使用すると、ピタッと脇汗が止まります。ですからそこで使用をストップします。デトランスαは効果が持続するので、汗が止まれば連日塗る必要がありません。私は2日連続で塗って、数日後に汗を確認してまた再使用します。汗が出てるかどうかで判断するので、間隔は1週間の時もありますし、5日ほどの時もあります。

 

デトランスαの詳細
>>脇汗が止まった夢のような最強制汗剤デトランスαの詳細<<

約40%offの2,900円キャンペーンが終わってたらご免なさい(T_T)

 

デトランスαの発売一時停止について

現在デトランスαが一時的に販売停止になっております。輸入商品ですので、在庫を確保できていない事が理由だそうです。これから冬に向かいますし、恐らくはおそくても暖かくなる頃には発売が再開されるかと思われます。私のように真冬でも脇汗で悩んでいる人は、代用品としてオドレミンをオススメしています。近所の薬局や一部ドラッグストアーでも購入できる塩化アルミニウムの制汗剤です。デトランスαと同じ成分の塩化アルミニウムを使用して入りますが、完璧な液体なので塗る事が少々面倒です。でも効果は抜群です。もちろんネットでも購入できますので、是非使ってみては如何でしょうか。おまたせしました!1/31より販売が再開されました!

>>デトランスα販売再開<<>